投稿

HYBRID通信 vol.107

 何をやったらいいのか、分からない・・・ Q「このままではいけないよね?頑張らないと!」 A「しなければいけないと思うけど、何をやったらいいのか、わからない!」 精神論だけではなく、 ここを 可視可 しないと、今どきの子は 動いてくれない なと、ここ数年ずっと痛感していました。塾では毎週、「宿題」と「チェックテスト」範囲なるものを帳票にして一人ひとりに配布、通塾日にその進行具合を確認、 これからの指針を共有 しながらそれぞれの学習を進めています。一人ひとりにとって 「今、一番、旬なこと」 をやってもらいたいのです。また、「せっかく、ここ(塾)まで来てくれたのだから、予定通りもいいけど、その子の気分・その日のライブ感・臨場感を大事にしたい・・・」コロナ渦を通して益々この想いは強くなりました。一人ひとり、骨組みとなるカリキュラムは勿論、私の頭の中にはありますが、塾での学習は 「今日は何をやろうかね?」 と 敢えて尋ねる ところから始まります。 充実した時間を過ごしてもらうため に。来月の期末テスト、ここを通してまた一歩、成長をと日々願いながら。 EQ脳力検査 3年前から導入した脳トレEQジム、こちらの代表の渕ノ上先生が実施しているものです。 詳細はこちらから↓ https://www.eq-gym.com/eq-check.html https://www.eq-gym.com/eq-check-person.html 科目テストでは見えない本当の自分の力、そして性格などを見定める指針になります。各成長段階ごとに作られたテストを通して、見えてくる本当の自分。ご希望のお方はその旨お申し付けください。

充実した学習環境とは

 近年の子ども達は、自分の部屋のことを「勉強部屋」という認識がない。というのも自分の部屋には当然のように、スマホ・ゲームなどの遊び道具が盛りだくさんのため、とても「勉強できる」環境とはいえない。そのような子ども達に、週に2~3日程度、塾で5教科受講しても結局はどの教科も伸びない。それこそ「塾に通っているから大丈夫」という安心感、気休め程度のものである。 HYBRIDでは中学生は週に3~4日間の通塾を基本としている。既存の塾のスタイルでは決して出来ない、充実した学習時間を確保するため。しかも、こちらが強制するのではなく、できるだけ能動的に学習できるように一人ひとりと対話をしながら進める。なぜ、このような勉強がHYBRIDではできてしまうのか・・・?

学習の進め方01

国語の学習法 読解力をつけるには 国語は鑑賞ではない。文学でもない。 ●精読=細かいところまで丁寧に読むこと ※鉄則 絶対に「自分の考え」を入れてはいけない ●なぜ、それが答えなのか? ①文章中に答えそのものやヒントがある。それを探す。 ②自分の答えの根拠となるものがどこにあったのか本文中に線を引く。 ③選択問題は本文に書いていない選択肢を消去する。 ④自分の根拠が間違えている場合、解説を熟読する。 ●実際に問題を解くとき注意すること 分かる、分からないは別として本文はひととおり読むこと 一問ごとの部分読みでは絶対にダメ

彼らなりに

 昨日、来ていた生徒達に円高・円安をテーマとした所謂時事の話しをした。新学期が始まって約3週間、例年この頃は疲れも出てくるところ。科目学習をしている間は少し眠そうな子もちらほらいたが、上記の話しをしだすと途端に目を開いて熱心に話を聞いていた。この暗澹たる世界情勢、この子達なりに感じるものがあるのだろう。そんな彼らが少し頼もしく思えたと同時に我々大人も、よりしっかりとしないとと思いを新たにした。

「べつに」とはどんな意味だろうか?

幼い子に、大きくなったら何になりたいかとたずねると、目を輝かせて教えてくれる。 どの子も、自由に想像を羽ばたかせ、無限の可能性を夢見ている。 だが、少し成長し、学校を卒業したら何になりたいかとたずねても あまり、ハッキリした答が返ってこなくなる。 「いいじゃない、そんなこと」「べつに」といった答が返ってくるようになる。 「べつに」とはどんな意味だろうか? 考えていないのか?自分の力を見限ってしまったのか? それとも秘めた思いがあるのだろうか? 「べつに」とは「満足ではない」という意味かと思う。 人生のどんな一面をとっても「べつに」で片付けられることはない。

新年度広報№3

イメージ
 

禁じ手

 定期テストの過去問、これになんとなく取り組めば、なんとなく得点はアップする。ある一定の成績層に限定されることではあるが。これと学力アップはまったく別次元の話しである。自分もそれを全て否定するつもりはない。その子のモチベーションアップのためにしばしば禁じ手と思って使うことはある。 が、問題はその後だ。その子を次の試験までどう過ごさせるか、ここに尽きる。テスト前に少し頑張っただけで大抵は錯覚するのだ。「なんだオレって才能あるんじゃない?」と。そんな彼らのテストが迫って来た時の常套文句は「先生、プリントください」である。 中学校までは通用するかもしれないが、高校に進学、大学に進学、ひいては社会に出ては通用しないのよと、その子に伝える。かなり真剣に。 その一方、月謝をいただいて、成績を上げるのが塾屋ではないかと言われればそこまでだが、魔法使いとは思って欲しくはないのだ、本当に。 それが入試となれば話は別だ。本当に、真剣に、ど真剣に過去問に取り組ませるが、定期テストでそれをやらないと点数取れないなんて、どうなんだろうと思う。 そんな「のび太くん」達に日々取り組むことの大切さを伝え、如何に成長させるかが自分に与えられた一番の仕事だと考える。